8月20日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、「あの時、魔がさしましたSP」と題し、ゲストのKAT-TUNの亀梨和也らが魔がさして犯してしまった失態を語った。

亀梨、ニュース番組の最後にありえない挨拶



亀梨の魔がさした出来事とは、6年前の自身がキャスターを務める番組「Going!Sports&News」(日本テレビ系)で起こった。その日、メインキャスターを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也が、海外ロケのためスタジオ収録を欠席し、亀梨が初めて番組の進行を任されることになったという。

亀梨は不安を感じ、緊張しながら収録に臨むも、何とか番組のエンディングまで辿り着いたという。しかし、亀梨は最後の最後で気が緩んだのか、通常のニュース番組ではありえない、「(手を振りながら)ではまたバイバイ!」とアイドル風バイバイで番組を締めてしまった。

普通のニュース番組では、深々と礼をして、番組を終わらせることが慣例であり、亀梨は自分の犯した失態に気がついた瞬間、床に崩れ落ちてしまったのだという。

これについて亀梨は、「気が緩んじゃったんでしょうね、自然とバイバイ(と言ってしまった)」と語り、続けて「(バイバイと言った瞬間)何言ってんだ!何を言ったんだ俺は!」とコメントすると、スタジオは笑いに包まれた。

ジャニー喜多川社長の懐の大きさにスタジオ出演者が感嘆



また、亀梨の魔がさしたもう一つの出来事は、事務所の社長であるジャニー喜多川氏から借りた高級車でサーフィンをするため海岸に行き、サーフィン後、砂だらけの格好のまま運転して帰ってしまったという。

結果、高級車のシートが砂まみれになってしまう事態に。亀梨は、ジャニー社長に汚れた状態のまま車を引き渡すと、シートの異常に気が付いたジャニー社長は「YOU!最悪!」とショックを受けていたものの、「YOUは海から来たね。やっぱり亀だね」といつもの調子で亀梨の失態を受け入れてくれたのだという。

この出来事について他の出演者は「ジャニーさんが凄い話になってる」とジャニー社長の懐の大きさに感嘆していた。

(担当・桧垣らいと)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング