9月4日放送の中居正広がMCを務める「Momm!!」(TBS系)に、今年の4月に引退したばかりの元フィギュアスケーター・村上佳菜子がゲスト出演。村上は、自らの人生を振り返り、節目節目に励まされた曲などについて語った。

村上佳菜子、ソチオリンピック前に深刻なスランプに陥っていた!?



ジュニア時代に世界二冠を果たし、2014年のソチオリンピックに出場するなど、フィギュアスケーターとして第一線で活躍した村上が、ソチオリンピック前に深刻なスランプに陥ったことを明かした。

MCの中居は、村上の「人生チャート」を読みながらこの時の出来事について村上に尋ねた。すると、村上はかつてスランプに陥り、苦悩したことを次のように語り出した。

村上は「結構、笑ってる印象が強い方が多いと思うんですけど、でもそうじゃなくて、(ソチ)オリンピック前はもう結構なスランプに入っちゃってて、練習では本当にずっと泣いてました」と明かした。

村上はその理由について、「思うように体が動かないっていうのと、たぶん女性の体が成長する時期だったというのもあって、そういう中でも試合は迫ってくるという焦りがあった」といい、その頃はすべてがうまくいかなかったという思いをにじませた。

そのような状況の中、自分でもよくわかっているのに、先生からもいろいろと言われたといい、試合出発前日に「行きたくない」「出たくない」と泣き叫んで、先生に「じゃあ、やめるか」と言われ、話し合ったこともあったという。

この話を聞いた中居は「えっ、『行きたくない』ってどういうこと?」と問うと、村上は「もうこんな状態では出られないから、出たくないと言った」と答えた。

村上によると、このような状態でありながら、試合に出る決断をしたとき、試合前練習をやって、順番を待っている時にも「もうやりたくない、どうしよう」と言って、泣いていたこともあったという。

これに対し、中居は「えっ、そこでもダメなの。いや、そこはもう、切り替えて臨まないといけない時間だよね」と言うと、村上は「そうなんですけど、もうダメでしたね。ズルズル引きずっちゃって」とその時の心境を語った。

中居は「すごいね。大変だよ。だって、そんな追い込まれたことないもんね」と村上のプレッシャーや大変さを思っているようだった。

このような深い苦悩を抱えていた村上が、励まされていた曲は、加藤ミリヤの「People」だったという。

村上はこの曲の歌詞に本当に助けられたと言い、「みんなスゴイけど、みんな努力してるからスゴイから、自分も頑張らなきゃっていう風に思える曲でしたね」と語った。

(担当・日向やすひろ)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング