山下智久くんがパーソナリティーを務めるラジオ「Sound Tripper!」(InterFM)10月2日放送回で、ジャニーズについて様々なエピソードが明かされました。

日替わりで一つの英語フレーズを紹介するコーナー「Sound Tripper A to Z」で、この日は「Johnny's(ジャニーズ)」に注目。9月1日で22年目に突入した、山下くんの「ジャニーズ人生」を振り返りました。

入所は「自分で決めた」とのことですが、「合格できる自信は全くなかったね。ダメ元」といいます。

松潤が生意気だった!?


Jr.時代に印象的だったことについて、「やっぱ松潤(松本潤)くんはオシャレでしたね、すごい。オシャレというか、生意気というか。後輩の僕が言うのもあれですけど」と正直な思いを明かします。

「当時の潤くんはブランド物のスーツとかを着てた。流行ってたんだよね、ジャニーズJr.内でスーツで登場するのが。みんなブランドのスーツ着て登場してましたよ。イケイケなんだよね、みんな。金のネックレスとかつけて。今考えれば生意気だけど、かっこいいなと思うよね。14、15歳ぐらいの男の子がスーツ着て、ネクタイとかしないでボタンも3つぐらい開けてさ」

実に「黄金期」らしいエピソードで、「すごい時代だったなと思います。今いないじゃないそんな子絶対」と懐かしんでいました。

ジャニーズといえば、社長のジャニー喜多川さんにも触れないわけにはいきません。山下くんは「僕の人生を変えてくれた人ですから、恩人ですよね」とジャニーさんへの感謝の気持ちから語り始めます。

「一般の方には謎の多いジャニーさんだと思いますけど、すごく普通だなって思う一面もあるし、すごく人間離れした感性を持ってる人だなっていうのも、ふとした瞬間にすごい感じる」と山下くん。

Jr.時代はよく焼肉に連れて行ってもらったそうですが、「すごいワイルドな肉の焼き方する。一枚一枚焼くっていうか、三人前ぐらい、フライパンに入れるみたいな感じでワサーってやって、みんなに『食え食え』つって。合理的」と、独特な焼肉の食べ方を明かしていました。

最近も親しく交流しているようで、KAT-TUNの亀梨和也くんと一緒にジャニーさんの自宅を訪れたとのこと。

「亀から夜中電話かかってきて、23時ぐらいかな。俺まだ撮影中だったんだけど、『これからジャニーさんのとこ行こうと思う、山P来るの待ってるから一緒に行こう』って呼んでくれて。亀はその時後輩と一緒にいて、後輩に連絡取ってもらって無理やり押しかけて」

遅い時間とあって、ジャニーさんは「パジャマでウトウト」してたそうですが、「そこで亀のソロのコンサートを流しながら、色々話しながら」、結局深夜1時頃まで居座ったとのこと。「楽しい時間でしたね」と振り返っていました。

今後の目標は東京ドーム公演


今後のジャニーズでの目標も明かされました。

「俺ほんとにずっと言い続けるんだけど、東京ドームでの公演だけはほんとに成し遂げたい。意地でもやりたい。何でだろうね、すごいこだわりがあるんだ。東京ドームなんだよやっぱり。NEWSの時も、やっぱ東京ドームが当時の目標だったんだよね。今もやっぱそうだし。それはどうにか成し遂げたいって思ってます」と、想いを熱く語っていました。

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング