風間俊介くんが出演するTBS系日曜劇場「陸王」(毎週日曜 後9:00)が10月15日にスタートし、初回視聴率が14.7%を記録したことが明らかになりました。

池井戸潤さん原作&役所広司主演「陸王」初回視聴率14・7%の好発進! (スポーツ報知)

日曜劇場「陸王」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者・池井戸潤氏の同名小説が原作。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、年々先細る足袋の需要により資金繰りに困り、新規事業としてランニングシューズの開発に挑む物語。

風間俊介くんは若手銀行員・坂本太郎役を演じます。老舗足袋屋「こはぜ屋」の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢(役所広司)に提案する重要人物。企業の大小関係なく、人とのつながりを大切に考える銀行員という役どころです。

出演はほかに、山賢人さん、竹内涼真さん、キムラ緑子さん、寺尾聰さんら。

第2話予告&あらすじ




【あらすじ】

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューで求められる耐久性は望めなかった。

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

原作

陸王


【注目記事】
『チケットセディナ』でジャニーズのチケット当選率がアップ!?セディナカード枠の使い方
10/20放送「ザ少年倶楽部プレミアム」番組内容発表!あのグループのライブレポも
「第68回紅白歌合戦」観覧募集受付中!過去の倍率は…

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング