風間俊介くんが出演しているTBS系日曜劇場「陸王」(毎週日曜 後9:00)の第2話が29日に放送され、14.0%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

初回は14.7%の視聴率を記録しており、第2話までの平均視聴率は14.4%となりました。

役所広司主演「陸王」第2話視聴率14・0% 初回から0・7ポイント減も好調維持 (スポーツ報知) -

日曜劇場「陸王」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者・池井戸潤氏の同名小説が原作。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、年々先細る足袋の需要により資金繰りに困り、新規事業としてランニングシューズの開発に挑む物語。

風間俊介くんは若手銀行員・坂本太郎役を演じます。老舗足袋屋「こはぜ屋」の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢(役所広司)に提案する重要人物。企業の大小関係なく、人とのつながりを大切に考える銀行員という役どころです。

出演はほかに、山賢人さん、竹内涼真さん、キムラ緑子さん、寺尾聰さんら。

第2話ダイジェスト&第3話予告




【あらすじ】

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。

原作

陸王


【注目記事】
櫻井翔主演ドラマ「先に生まれただけの僕」第3話視聴率発表!前回から急増
『チケットセディナ』でジャニーズのチケット当選率がアップ!?セディナカード枠の使い方

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング