風間俊介くんが出演しているTBS系日曜劇場「陸王」(毎週日曜 後9:00)の第3話が5日に放送され、15.0%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

初回は14.7%、第2話は14.0%の視聴率を記録しており、第3話までの平均視聴率は14.6%となりました。

池井戸潤原作&役所広司主演「陸王」第3話15・0%!初の上昇 (スポニチアネックス)

日曜劇場「陸王」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者・池井戸潤氏の同名小説が原作。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、年々先細る足袋の需要により資金繰りに困り、新規事業としてランニングシューズの開発に挑む物語。

風間俊介くんは若手銀行員・坂本太郎役を演じています。老舗足袋屋「こはぜ屋」の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢(役所広司)に提案する重要人物。企業の大小関係なく、人とのつながりを大切に考える銀行員という役どころです。

出演はほかに、山賢人さん、竹内涼真さん、キムラ緑子さん、寺尾聰さんら。

第3話ダイジェスト&第4話予告




【あらすじ】

紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢(役所広司)は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木(竹内涼真)の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねるのだが…。 一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案される。年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。その言葉に茂木は……。

原作

陸王


【注目記事】
櫻井翔主演ドラマ「先に生まれただけの僕」第4話視聴率発表
『チケットセディナ』でジャニーズのチケット当選率がアップ!?セディナカード枠の使い方

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング