12月11日のテレ東系「博多華丸のもらい酒みなと旅2」に出演したKAT-TUNの上田竜也くんが、堂本光一くん主演舞台「SHOCK」にまつわるエピソードを明かしました。

博多華丸さんらと本音トークを繰り広げた上田くん。自身のJr.時代について「もともと、KAT-TUNって堂本光一さんの専属バックダンサーとして出来たグループなんですよ」と切り出します。

そして、上田くんは光一くんへの思いを打ち明けたのです。

上田くんは「『SHOCK』にKAT-TUNが出させていただいてたので。KAT-TUNは光一さんに迷惑をかけていたんです。凄く迷惑かけてました」と回想。

SHOCK出演時のKAT-TUNについて「部活感覚が抜けないというか。ナメくさったKAT-TUNだったんですよ、仕事に対して」と表現しました。

自分たちのことを「本当にイヤな奴らだったと思います」という上田くん。仕事に対して部活の延長のような中途半端な気の緩みがあったことを示す、こんなエピソードを付け加えます。

「全く関係ないところで、偽物のホットドッグを持ってステージに出ていくとか。全く意味ないんですよ。俺らの中で、『お前、なんでホットドッグ持ってるんだよ』って面白いだけ。(他の人は)全然面白くない」

傍から見たら“なにそれ?”というような行為を悪ノリでやってしまっていた、と上田くん。

「もし俺が、光一さんの立場で、同じ状況のことをJr.の子にやられてたら。俺、ぶん殴ってますよ」とコメントし、無邪気だったKAT-TUNに愛想を尽かさないでくれた光一くんへの感謝を示したのです。

【注目記事】
ジャニーズJr.が選ぶ「新ユニットを結成するなら一緒に組みたい先輩BEST3」発表
乃木坂46生田、FNSでコラボしたKinKiの優しさ明かす「緊張している私に温かい言葉」
近藤真彦、若いジャニーズの後輩を見て思うことを明かす「正直言うと…」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング