風間俊介くんが出演しているTBS系日曜劇場「陸王」(毎週日曜 後9:00)の第9話が17日に放送され、15.7%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

陸王:第9話視聴率は15.7% - MANTAN WEB

初回は14.7%、第2話は14.0%、第3話は15.0%、第4話は14.5%、第5話は16.8%、第6話は16.4%、第7話は14.7%、第8話は17.5%の視聴率を記録しており、第9話までの平均視聴率は15.5%となりました。

日曜劇場「陸王」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者・池井戸潤氏の同名小説が原作。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、年々先細る足袋の需要により資金繰りに困り、新規事業としてランニングシューズの開発に挑む物語。

風間俊介くんは若手銀行員・坂本太郎役を演じています。老舗足袋屋「こはぜ屋」の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢(役所広司)に提案する重要人物。企業の大小関係なく、人とのつながりを大切に考える銀行員という役どころです。

出演はほかに、山賢人さん、竹内涼真さん、キムラ緑子さん、寺尾聰さんら。

第9話ダイジェスト&最終回予告




■最終回あらすじ
シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむフェリックスの御園社長(松岡修造)だったが、宮沢(役所広司)から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かつ。こはぜ屋の窮地は変わらないまま、大地(山賢人)や飯山(寺尾聰)たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていた。 一方、茂木選手(竹内涼真)は、再びアトランティスのサポート選手となり、R2を履くことを決意。念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していた。そんな茂木へ大地と村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。 茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たず、八方ふさがりのこはぜ屋だったが、そんなある日、御園から宮沢へある提案が投げかけられる。一体、その提案とは!?
原作

陸王


【注目記事】
櫻井翔主演ドラマ「先に生まれただけの僕」最終回聴率発表
12/31「ジャニーズカウントダウン2017-2018」カウコン出演者発表!
ジャニーズJr.が選ぶ「新ユニットを結成するなら一緒に組みたい先輩BEST3」発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング