1月12日放送の「A-Studio」(TBS系)に、ジャニーズのアイドルグループ・嵐の松本潤が登場し、コンサートにおける演出へのこだわり、そしてその原点となった出来事に至るまで、余すところなくその真実を語った。

松本「ジャニーズは格好悪いとか、ダサイのが好き」


トークはまず、嵐の初期の話題に。メンバーが、上半身スケルトンのビニール製衣装を着用して歌っている写真がスタジオに登場すると、MCの笑福亭鶴瓶はこれを見て「デビュー時も(ジャニーズで今までにない「嵐」という漢字一文字のグループ名だったので)微妙だったが、これで完全に終わったな」と感じたと告白。

これに松本は「ジャニーズって、ちょっと格好悪いとか、ちょっとダサイのって好きなんですよね」と説明した。続いて、松本はコンサートに関するこだわりを語った。

「普段は何事も吸収しますね。携帯でメモをとったり、鶴瓶さんの落語を見てても、自分に何か吸収できることないかなーって見てます」と松本。

さらに「リハーサルと本番は違うんで、リハで感じたことを本番に生かしてます。お客さんにいいところ見せたいから、リハで全てを使いたくないんですよね」と語った。

嵐は、デビュー直後から単独ライブを開いたが「その時からセットリストとか曲順とか自ら考えてましたね」と松本は語り、その原点が滝沢秀明にあったという。

「タッキー(滝沢)が大阪で舞台やってるから、コンサート作れないから代わりにやっておいてっていわれて」と、ジャニーズJr.のコンサートの演出を任された松本は、使命感を感じ頑張ったという。

実際は滝沢が裏で全部指示を出していたというが「『やった』という気持ちだけを経験させよう(してくれた)」と当時を回想し、「それがなかったら(演出を)やってないんじゃないですかね、きっと」語った。

番組の最後に、鶴瓶は「コンサートの表現に対するこだわりがすごいんですね。衣装の糸の質とか、曲順とか朝からイスに座って全部自分で決めて。ジャニーズの伝統というか、上(先輩)から表現者としての心得がしっかり伝わってるんですね」と松本を評した。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング