TOKIOの国分太一くんが2日、司会を務めるTBS系「ビビット」に生出演し、山口達也くんの件についてジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が1日に発表した謝罪文について言及しました。

番組ではジャニー社長が発表した下記コメントが紹介されました。

弊社所属グループTOKIOのメンバーである山口達也が起こしました事件により、被害を受けられましたご本人様とそのご家族様、ならびに今まで山口をご支援頂いておりましたファンの皆様、関係各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けして参りました。ここに改めて深くお詫びの念をお伝えさせて頂きます。

本日、山口達也に不起訴処分が下されましたが、山口が起こしました事件の事実並びにことの重大さには変わりございません。弊社としましては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です。

TOKIOのメンバーもそれぞれが23年の時を重ねて今の場所に立っています。彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、彼らが考えて決めていくことを受け止めます。

私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます。

番組MCの真矢みきさんから「ジャニー喜多川さんからコメントが出てましたけど、どのように感じられましたか?」と聞かれ、太一くんは「本当に申し訳ないっていうその気持ちだけですけど…そうですね…」と言葉を詰まらせ号泣。

太一くんは声を振り絞り「自分が16歳のときのTOKIOというグループができて、そのときはまだこのメンバー5人ではなかったんです。そこから自分が20歳になって今のメンバーになりました」と説明し、「ジャニーさんは『親として』という言葉を使ってくれました。16歳の頃にTOKIOというものが生まれ、それからこの23年間の間にたくさんの経験をさせてもらいました。だからこそ、1人1人たくさんの仕事が増えたと思います」とTOKIOとしての23年間を振り返りました。

太一くんは続けて「その分、責任は自分たちで作っていかなければいけない。その生みの親に、こんなことを言わせてしまったことが本当に情けないなと。これからどうやって向き合って行くか、一人一人が感じて成長していくことが、ジャニーさんへの恩返しだと思っているので、これからそういう気持ちでまた前を向いていきたい」と涙ながらに決意を明かしました。

【関連記事】
TOKIOが4人で近日中に会見…国分太一が「ビビット」で明かす
TOKIO山口達也の弟が涙浮かべ謝罪「心より深くおわびを申し上げます」
東山紀之、後輩・山口達也の不祥事にコメント「大きな罪」
TOKIO城島茂、山口達也の会見に落胆…TOKIO復帰言及は「謝罪の念があればまず言えない」
NEWS加藤シゲアキ、先輩・山口達也の不祥事にコメント「あんな情けない姿は見たくなかった」
TOKIO国分太一、涙浮かべメンバーの不祥事を謝罪「どんな処罰でも自分たちは受けなきゃいけない」
伊野尾慧、TOKIO山口達也の書類送検についてコメント「ただただ驚いた」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング