V6の井ノ原快彦くん主演のテレビ朝日系連続ドラマ「特捜9」(水曜21:00)の第8話が30日に放送され、視聴率が11.1%を記録したことが明らかになりました。

初回は16.0%、第2話は15.4%、第3話は14.5%、第4話は13.8%、第5話は14.3%、第6話は13.2%、第7話は13.0%の視聴率を記録しており、第8話までの平均視聴率は13.9%となりました。

ガーナ戦直後の「特捜9」 第8話は11・1%(日刊スポーツ)

「特捜9」


渡瀬恒彦さんさんが主演したテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁捜査一課9係」シリーズが、新たに「特捜9(とくそうナイン)」(水曜21:00)として生まれ変わり、V6の井ノ原快彦くんが主演!

「特捜9」では、寺尾聰さん演じる“新班長”のもと、9係に所属していたメンバーは新部署「特別捜査班」として再編、その名も「特捜9(とくそうナイン)」として再び難事件に立ち向かいます。

加納倫太郎(渡瀬恒彦)に率いられ、盤石のチームプレーで難事件を解決してきた警視庁捜査一課9係だが、係長の倫太郎が内閣テロ対策室に派遣されたことでチームは解散。9係のメンバーはバラバラに。しかし、1年間の空白期間を経て、神田川警視総監(里見浩太朗)は初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す独立した『捜査班結成』を指示。そのメンバーとして浅輪直樹(井ノ原快彦)ら“元・9係”のメンバーが再結集することになる…という設定。

井ノ原快彦くんは本作がゴールデン帯連ドラ単独初主演となります。

【第9話予告動画】



【注目記事】
TBS連ドラ「花のち晴れ」第7話視聴率発表
松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」第6話視聴率発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング