TOKIOの松岡昌宏くん主演テレビ朝日系主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」の最終回が8日に放送され、5.7%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

初回は7.2%、第2話は7.2%、第3話は6.3%、第4話は7.5%、第5話は6.3%、第6話は8.1%、第7話は6.7%の視聴率を記録しており、全8話の平均視聴率は6.8%となりました。

TOKIO松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」最終回は5・7%(スポーツ報知)

「家政夫のミタゾノ」は人気シリーズ「家政婦は見た!」の男版。松岡昌宏くん扮する、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。今作は消息不明だった三田園がある日突然、戻ってくるところからスタートします。

【注目記事】
日テレ系音楽特番「THE MUSIC DAY」7.7放送決定!出演アーティスト第1弾発表
6/15放送「ミュージックステーション」出演者発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング