King & Princeが「オリコン上半期ランキング2018」のアーティスト別セールス部門新人ランキングで1位に輝き、29日に都内で行われた授賞式に出席しました。

King&Princeはデビューシングル「シンデレラガール」が62.6万枚を売り上げ、音楽ソフトの総売上で上半期8.7億円を記録し1位に輝きました。2位にはSEVENTEEN(6.9億円)、3位にはSTU48(2.5億円)が続きました。

授賞式で平野紫耀くんは「数々のデビューされてきた先輩方がいるんですけど、皆さんと同じように1位を取ることが出来てとても嬉しく思っていますし、年末の紅白歌合戦にいつか出れたらななんて夢に思って目標としてます」と夢を語りました。



King&Princeがオリコン上半期1位…アーティスト別新人ランキング (報知)
キンプリ、’18上半期新人王!オリコン音楽ソフト総売上8・7億円(サンスポ)
キンプリが8億7000万円売り上げ首位!デビュー曲で63万枚 オリコン上半期新人部門(スポニチ)

【注目記事】
King&Prince平野紫耀主演映画「ういらぶ。」公開日決定&場面写真公開
TBS連ドラ「花のち晴れ」最終回視聴率発表
緊急事態!?嵐のコンサート中にマネージャーから衝撃の発言

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング