7/30の映画興行収入ランキングが発表されました。

1位に輝いたのは、山下智久くん主演「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」。「ドクターヘリ」に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちの姿を初めて取り上げ、若者たちが真摯に命と向き合う姿が大きな反響を呼んだ人気ドラマシリーズの劇場版。 土日2日間で動員81万1000人、興収10億9600万円を記録。公開3日間では動員116万人、興収15億4800万円を記録する大ヒットスタートとなりました。

2位には「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がランクイン。週末2日間で動員38万8000人、興収6億1400万円を記録しました。

3位には細田守監督の最新作「未来のミライ」がランクイン。大ヒット作「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」に続く細田監督のオリジナル長編劇場用アニメ。週末2日間で動員21万5000人、興収2億8900万円を記録しました。

映画ランキング・映画興行収入 - 映画.com

【注目記事】
山下智久主演「コード・ブルー特別編」視聴率発表
山下智久主演「劇場版 コード・ブルー」公開記念「コード・ブルー展」開催
風間俊介、山下智久らと組んだ伝説的ユニット「Four Tops」を語る

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング