12/10付の映画興行収入ランキングが発表されました。

1位に輝いたのは、大ヒットファンタジーシリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で3週連続。公開3週目の週末2日間で動員35万1243人、興収5億1735万2700円を記録しました。

2位には45歳で亡くなった人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ「ボヘミアン・ラプソディ」。公開5週目の週末は動員34万8267人、興収5億0717万円を記録しました。

3位にはV6の岡田准一くん主演「来る」が初登場。「告白」「渇き。」の中島哲也監督が、岡田准一くんを主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。7日から全国331スクリーンで公開され、土日2日間で動員10万1000人、興収1億3700万円を記録しました。

映画ランキング・映画興行収入 - 映画.com

【注目記事】
「2018FNS歌謡祭 第2夜」V6、KAT-TUNの披露曲発表
ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表!ジャニーズ3組ランクイン
タワレコの推しグッズに「ライブ遠征用バッグ」が新登場!

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング