1月16日のフジ系「TOKIOカケル」にてTOKIOとV6のメンバーが、ジャニーズ内での敬語について語りました。

この日、V6の三宅健くんが登場すると、ジャニーズ同士で敬語で話しかけるのとタメ口で話しかけるのの境界線はどこか、という議論に。

東山紀之さんにはもちろん敬語という三宅くんです。さらに、松岡昌宏くんには敬語である一方、国分太一くんにはタメ語だそう。この理由について三宅くんは「人を見てるんです」と語り国分くんを笑わせました。

このジャニーズ内敬語タメ語問題について、松岡くんがある見解を持ち出したのです。

松岡くんは「俺から見てて思うのは。嵐は翔以外、全部タメ語だもん。翔だけは俺に敬語だけど。あとは全部タメ語。『腹減らない?』みたいな感じで」とコメント。

櫻井翔くん以外の嵐メンバーからはタメ語で話しかけられるという松岡くんですが、一方で、V6の長野博くんは「(嵐からは)みんな、敬語」と明かします。

これについて、松岡くんは「嵐に聞いたんだけど、嵐にとってV6は“絶対”なのよ。バックやってたから。俺たちとV6との関係性は違うんだって」と証言しました。

“TOKIOと嵐”、“V6と嵐”という関係性において、嵐はV6のバックだったことからTOKIOとは違ってガチガチの先輩後輩関係なのだそう。

ジャニーズ内での敬語タメ語をめぐっては、様々な見解が飛び交っています。

【注目記事】
嵐、2019年にやりたいことを明かす「後輩を連れて…」
嵐・二宮和也、品川で路上ライブしても「バレなかった」
「第42回日本アカデミー賞」優秀賞発表!

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング