嵐の相葉雅紀くんが3日、テレビ朝日系冠番組「相葉マナブ」に出演し、嵐の活動休止について言及しました。

番組冒頭で共演者のアンジャッシュ・渡部健さんから「先日、衝撃の発表がありましたけれども」と話を振られると、相葉くんは改めて嵐が2020年12月31日をもって活動休止することを報告し「ずっとメンバーと10回以上は話した。5人でも話したし一人一人とも話したし…」とメンバー同士で何度も話し合った上での結論だったことを強調しました。

続けて相葉くんは「決められた2年間というのを僕らは精一杯、皆に楽しんでもらえるようなパフォーマンスをしていく。解散じゃないので。一度立ち止まって。また集まったときには、皆が同じ方向を向いたときには、また嵐としてやりたい!」と決意を表明しました。

また、相葉くんは他のメンバー4人についても言及。「本当に凄い優しいよ。皆が納得する答えを何年かけて探したか…。本当に嵐で良かったと思った。みんながみんな嵐のことが大好きだから」とメンバーのグループ愛を明かしました。

【注目記事】
KAT-TUN中丸雄一、嵐活動休止発表に言及「大野くんと二宮くんとメールした」
「嵐にしやがれ」冒頭で嵐がメッセージ「嵐5人で力を合わせて」
関ジャニ∞丸山隆平、嵐活動休止に言及「会見を見て逆に安心」「自由な生活は僕は今更無理」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング