2月14日の日テレ系「ダウンタウンDX」に出演したV6の三宅健くんが、森田剛くんとのエピソードを明かしました。

この日のDXでは、ゲストの人生の紆余曲折を折れ線グラフで示し、どん底からのV字回復を明かすという一幕が。

三宅くんは自身のどん底について、2016年の「滝沢歌舞伎」出演時のトラブルについて語ったのです。

「フライングでの演出があって、転落しちゃって」という三宅くん。公演3日目にして足を骨折してしまったのでした。

「3日目でそんなことになっちゃって、出来る演目を減らして少しセーブしながらやってたんですけど」

さすがに足が骨折していれば演出の変更もやむなし、と思いきや…

「ウチのメンバーの森田くんが観に来て。このときの演目で、僕が3分間以上ダンスをするっていう演目があったんです。森田くんが観に来た時に『今日、どうするんだ?踊らないのか?』と言ってきて。『演出を変えて、上半身だけで踊りをしてるんだ』って言ったら、森田くんが僕に『踊れよ。お前の踊り観に来てんだから』って言ってきた」

森田くんから“お前の踊りを観に来てるんだから踊れ”と煽られた三宅くん。

「私も負けず嫌いなんで、その日から『全部戻そう』って。“足がどうなってもいいや”と思って。その言葉がなかったらちょっとセーブしながらやってたかもしれないんで。そのおかげで乗り切れたんです」

森田くんの一言によって自身のプロとしてのプライドに火が付いたという三宅くん。残りの46公演も見事、演じきったのです。

【注目記事】
V6井ノ原、三宅健にガチクレーム!?「夜も眠れません」
2/22放送「ミュージックステーション」出演者発表
嵐・大野智、岡田准一の代わりにV6に加入していた可能性があった

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング