3月15日に放送されたフジテレビのドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME〜時が奏でるリアルストーリー〜」 第6弾『滝沢歌舞伎ZERO〜Snow Man、飛躍の大舞台へ〜』第2話の無料配信がTverでスタートしました。



「RIDE ON TIME」は、 あるアーティストに密着したり、コンサートを作り上げるスタッフを追いかけたりなど、一つのテーマに長期密着取材し、複数週にわたって放送する「連続ドキュメンタリー」番組。

今回は第1弾のKing&Prince特集、第2弾Hey!Say!JUMPコンサートの舞台ウラ特集、第3弾KAT-TUN特集、第4弾NEWS特集、第5弾関西ジャニーズJr.特集に続く第6弾。

Snow Manは岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二、目黒蓮、村上真都ラウールからなる9人組ユニット。番組では「滝沢歌舞伎ZERO 〜Snow Man、飛躍の大舞台へ」と題し、Snow Manが滝沢秀明くんプロデュース「滝沢歌舞伎ZERO」公演の主演に抜擢され、南座で2月3日の初日を迎えるまでの様子に密着します。

また、第3話の予告動画が公開されました。



<番組内容>

この春の「滝沢歌舞伎ZERO」の主演に大抜擢されたのは、ジャニーズJr.の人気ユニット、Snow Man。

初日が近づくにつれ、稽古は激しさを増していく。体を動かす稽古のみならず、メンバーは白塗りや隈取といった歌舞伎独自の化粧にも初挑戦。しかも、本番ではわずか8分の間に化粧を仕上げなければならず、そのプレッシャーは計り知れない。そして重要な演目、太鼓でセンターを任された佐久間大介、向井康二、目黒蓮の前に、高速回転する3人乗りの巨大装置「メカ太鼓」も登場する。 また、これまで滝沢が魅せてきたフライングを引き継ぐ宮舘涼太は「越えていきたいのは今までの自分」と語る。滝沢が演じてきたものを、Snow Man一人一人が引き継ぎ、更なる高みを目指さなければならない。その責任と自覚が、メンバー全員に芽生えてきていた。それを表すかのようにいつもは明るいムードメーカーの佐久間が、稽古場で声を荒げる場面があった。佐久間は、芝居に集中できず緊張感に欠ける後輩のジャニーズJr.を厳しく指導する。「まだ全然足りてない」「お客さんの前で観せられない」と厳しい言葉を後輩に投げかける佐久間。その言葉の根源には観客全員に熱を届けたい、感動させたいという佐久間の強い願いがあった。

そしていよいよ、Snow Manは初日を迎える歌舞伎発祥の地、京都に入る。『滝沢歌舞伎ZERO〜Snow Man、飛躍の大舞台へ〜』episode3は3月22日 (金)25:35〜フジテレビにて放送。

【注目記事】
今夜放送「嵐にしやがれ」で24時間テレビメインパーソナリティーを発表!
「第12回 恋人にしたい男性有名人ランキング」発表!ジャニーズ4名ランクイン
「CHANGE THE ERA -201ix-」「Snow Man LIVE 2019」「Travis Japan Concert 2019」グッズ発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング