4月4日のTBS系「櫻井・有吉THE夜会」に出演した山下智久くんが、「修二と彰」当時のKAT-TUN・亀梨和也くんとの関係を明かしました。

2005年のテレビドラマ「野ブタ。をプロデュース」で共演した山下くんと亀梨くんは、ユニット“修二と彰”として歌った「青春アミーゴ」で一世を風靡。

その年を代表するコンビということで、さぞかし私生活でも順風満帆かと思いきや、舞台裏では一触即発の二人だったというのです。

山下くんは「(亀梨くんとは)バチバチしてました。グループ的にも僕はNEWSで亀はKAT-TUN。同じ世代だったんでちょっとバチバチしてて。そんななかで亀は華麗にウインクとかを決めるわけです。それで“キャー”みたいなのがあって。僕はどっちかっていうと男とばっかりつるんでたんで、『そういうの恥ずかしい』みたいなとこで嫉妬してたんだと思う。今考えると、亀のプロ意識と言いますか、それに出来ない自分がふがいないというか。それでちょっと『亀、ちょっとな…』みたいな」と語ります。

当時NEWSに所属していた山下くんとKAT-TUNの亀梨くんということで、グループ間でもバチバチ感があったとのこと。

それに加えてアイドルに徹する亀梨くんに羨望があったという山下くんでした。

山下くんは当時の亀梨くんとの関係について「仲悪かったです」と断言。

「亀は亀で、KAT-TUNデビュー前の“修二と彰”だったんで。『俺、これ、いきなり出るのもどうなんだろう?』みたいな。ドラマの撮影入る前に、『俺はお前のココが嫌いだ』と。『俺はお前のココが嫌いだ』とぶつけ合って、ゼロになってスッキリしてからドラマ撮影に挑んだ」

そんな状態から月日は流れ、今では山下くんは「今はもう、毎年お正月は亀の家で一緒に飲む。ここ4、5年続いてるんですけど。仲良くなりました」と語ったのです。

2017年には、二人の関係性の修復を機に“亀と山P”で再びタッグを組むなど、公私ともに仲が良い二人。

また、亀梨くんから番組に寄せられたメッセージでは“そんなに嫌われていたとは正直まったく気づかなかった。山Pは立っているだけで絵になる男なので、自分は何か一癖と思って色んなパフォーマンスをしていました。嫉妬していたなんて逆に光栄。ありがたい”と綴られ、亀梨くんサイドは“そんなに仲悪かったかな?”と飄々としたもの。いかに山下くんが亀梨くんを意識していたかが浮き彫りになったのでした。

【注目記事】
山下智久、『A−Studio』でファンへの熱い想いを語る「全方位から見守られている気分」
4/12発売「+act. ( プラスアクト ) 5月号」表紙は山下智久!表紙画像公開
山下智久「LIVE TOUR 2018 UNLEASHED」DVD&BD収録曲発表!Wアンコ「青春アミーゴ」も収録

■山下智久関連ニューリリース
TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED(初回盤 DVD)
TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED(初回盤 BD)
サイバー・ミッション Blu-ray豪華版 / DVD豪華版

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング