KAT-TUNの亀梨和也くんと女優の二階堂ふみさんがW主演を務めるフジテレビ木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」の第5話が9日に放送され、6.7%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

ストロベリーナイト・サーガ:第5話視聴率は6.7% 二階堂ふみ&亀梨和也W主演作 | MANTAN WEB

視聴率は初回7.8%、第2話6.4%、第3話6.6%、第4話6.7%、第5話6.7%と推移しており、第5話までの平均視聴率は6.8%となりました。

「ストロベリーナイト・サーガ」は誉田哲也さんの大ベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』が原作。2010年にはこの原作を基にした竹内結子さん主演のスペシャルドラマが放送され、その後連続ドラマ(2012年1月期)、劇場版(2013年)も制作されました。本作の『ストロベリーナイト・サーガ』は、キャスト、スタッフを一新し、映像化初のエピソードを加えて再構成。壮大かつ斬新な本格刑事ドラマが装いも新たに動き出します。

二階堂ふみさんはノンキャリアでありながら27歳で警部補に昇任した刑事、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子(ひめかわ・れいこ)役。亀梨和也くんは姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男(きくた・かずお)役。

ジャニーズWESTの重岡大毅くんも出演。姫川班の中でもっとも若手で、まっすぐな姿勢と人懐っこい性格から、姫川に“一番弟子”としてかわいがられている巡査・大塚真二(おおつかしんじ)役を演じています。

第6話予告動画が公開されました。


<あらすじ>

白昼の通り魔事件。被害者は3名うち死者1名。重傷を負いながらも生きながらえた被害者・峰岡里美(黒沢あすか)は意識が朦朧とし、まるで夢の中にいるようであった。かたや犯人の男(今井悠貴)は自殺を試みて意識がなく、身元を証明するものもない、正体不明の状態。少ない手がかりのなかで、姫川玲子(二階堂ふみ)そして菊田和男(亀梨和也)ら姫川班の面々は捜査を進めていく。その中で姫川班の一人、葉山則之(葉山奨之)の悲しい過去が明らかとなり…。

【注目記事】
関ジャニ∞ファンの女の子に「キンプリはどう?」と質問…まさかの回答に視聴者爆笑
ジャニーズ公式オンラインストアがオープン!生写真サンプルも公開でファン歓喜「見てるだけで幸せ」
5/17放送「ザ少年倶楽部プレミアム」ゲスト発表

■KAT-TUN関連ニューリリース
KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST (Blu-ray完全生産限定盤)
KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST (DVD初回生産限定盤)
KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST (DVD通常盤)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング