NEWSの加藤シゲアキが6月4日放送の日本テレビ系バラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』に出演。幼い頃に5年間過ごした大阪への想いを語り、ある告白をした。

この日の放送では“ローカル対決頂上決戦”として、関西地方出身の『関西なにわ軍団』と関東地方出身の『関東出身芸能人』の対決が行われた。大阪に住んだ経験のある加藤は『関西なにわ軍団』として出席した。

加藤は5歳から10歳までの間、大阪に住んでいたことを告白。それに対して目黒出身の本仮屋ユイカは「でも私、中学のとき金八先生で同級生だったんですけど、後ろの席に加藤さん座ってて、一回も関西弁聞いたことないです」と暴露した。

MCの明石家さんまが「5年だけやもんな」と話を振ると加藤は「僕としては大阪にも想いがあるんです」とアピール。また、その後は横浜に住み移り、渋谷の中学校に通っていたことを明かしつつ「5歳から10歳の人格形成に多大な影響を受けまして」と語った。

明石家は「確かに」と納得。さらに加藤は「やっぱり土曜日は新喜劇を観るために早く帰る、みたいな。ジャニーズの前、僕は吉本に入りたかったんです」と告白し、周囲を驚かせた。加藤は「今でもぽろっとした瞬間に『ちゃうやん』とか」と続けるも、本仮屋は未だに「ウィキペディアとかにも書いてあるけど本当かな?っていつも思ってて」と疑問視していた。

加藤は「目黒出身とか言ってますけど、僕と出会ったときはショートカットの真っ黒の足速そうな女の子だった」と反撃。本仮屋は「目黒関係ない!」とツッコみ、明石家は二人のやりとりに爆笑していた。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング