山下智久くんが日欧共同製作のHuluオリジナルドラマ「THE HEAD」のメインキャストに抜擢されたことが明らかになりました。

「THE HEAD」は南極の科学研究基地を舞台にした全6話の極限サバイバルミステリー。 エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ「HOMELAND/ホームランド」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellemが製作総指揮を務め、世界規模での公開が決定。2020年春(予定)に日本国内で「Huluオリジナル」の連続ドラマとして配信するほか、ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送、そして各国の配信プラットフォームでの同時公開が続々と決定しています。

日本からは山下智久くんがメインキャストの一人として抜擢!世界規模のドラマシリーズに初出演し、物語において極めて重要な役どころである研究員を演じます。全編海外ロケとなる大掛かりな撮影に参加しながら、全編英語のセリフに挑みます。

山下くんは「日本も含めてこんなにも世界中たくさんの方に届けることができる作品に参加するのは、初めての経験。プロジェクトへの参加が決まったときは喜びと同時に、『この作品の一部にちゃんとなりたいな』という思いを抱きました。『THE HEAD』はスリリングな物語を通し、しっかりと人間の本質を描き出しているからこそ、僕自身も考えさせられることがたくさんあります。そんな作品で重要人物の一人を演じるということで、責任とプレッシャーも感じていますが、できる限り作品にフィットする人物を作り上げていきたいです。」とコメントを発表しています。

■『THE HEAD』ストーリー

『THE HEAD』は辺境の地にある南極の科学研究基地を舞台にした“極限サバイバルミステリー”。暗闇と氷河に覆われる“長い冬”を迎えるにあたり、研究員たちは「越冬隊」の10名を残し、基地を去ることに…。しかし、半年にわたる冬のさなかに突如、基地と外界の交信が断絶。数週間後に研究員たちが基地に戻ると、そこには目も当てられない惨状が広がり、ほとんどの研究員が死亡、1名は行方不明、生存者2名になっていることが判明。一体6カ月の間に、基地では何が起こったのか――。この闇深き謎をめぐり、陸の孤島ともいえる南極の基地で、極限状態に置かれた人間たちが壮絶な心理合戦を繰り広げる!

公式サイト:THE HEAD|Hulu公式サイト

【注目記事】
山下智久、インスタフォロワー300万人突破!開設から1ヶ月経たずして達成
山下智久、ジャニーズJr.をプロデュースすると発表「斬新な面白いことをやりたい」
「サイバー・ミッション」DVD&BD 豪華特典内容の詳細決定!日本語吹替版キャストにも山下智久が続投

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング