6/24付の映画興行収入ランキングが発表されました。

1位に輝いたのはディズニー・アニメの名作を、ガイ・リッチー監督のメガホンで実写映画した「アラジン」で3週連続。週末2日間で動員69万1000人、興収9億9600万円をあげ、公開17日間で累計動員は385万6800人、興収は55億1530万円を突破しました。

2位にはV6の岡田准一くん主演映画「ザ・ファブル」が初登場。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”が、ボスから「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」という指令を与えられるストーリー。全国328スクリーンで公開され、土日2日間で動員22万8525人、興収3億1010万5600円を記録しました。

3位にはマーベルコミック原作の大ヒット作「X-MEN」シリーズの最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」が初登場。全国661スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万5000人、興収1億3200万円を記録しました。

映画ランキング・映画興行収入 - 映画.com

【注目記事】
7/5「Mステ2時間SP」放送決定!出演者発表
7/13放送 TBS「音楽の日」出演者発表!ジャニーズからは11組

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング