7月16日発売の「週刊朝日7月26日号」の表紙にジャニーズのスターたちが集結した。芸能界で男性アイドルというジャンルを確立したジャニー喜多川さんの功績をたたえた特集号となっている。



7月9日に亡くなったジャニー喜多川さんの功績といえば、数々のスターを育てたこと。ブレイクしたスターたちは過去に週刊朝日の表紙を飾っている。マッチや田原俊彦などベテラン勢から、キムタク、タッキー、堂本光一、嵐の大野智など国民的アイドル、King&Princeといった若手の筆頭グループまで、数々の表紙の「名作」を集めて、コラージュしたものが今回の表紙となった。ジャニーさんのオマージュとも呼べる表紙で、今号の表紙から、ジャニーさんが稀代のプロデューサーであったことが一目でわかるだろう。

さらに、追悼記事では、育てられたスターや取材記者たちの目から通してみたジャニーさんのリアルな姿も盛り込まれている。ジャニーさんの遺志を受け継いだタッキーの手腕、「第二の黄金期」といわれるジャニーズJr.の人気の秘密など今後の事務所の行方にも迫っている。

週刊朝日 2019年 7/26 号
発売日:2019年7月16日
定価:400円(税込み)

Amazon:週刊朝日 2019年 7/26 号
セブンネット:週刊朝日 2019年7月26日号
楽天ブックス:週刊朝日 2019年 7/26号 [雑誌]

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

記事提供元:ググットニュース



facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング