女優の波瑠が7月28日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演。ジャニーズのある人物に対して気まずい想いを抱いていることを明かした。

この日の放送では『あの人と気まずいSP』という企画が開催。波瑠は何度も共演したことがある風間俊介の名前を挙げた。

以前共演した際に、風間が出演している作品のDVDを本人から借りたという波瑠。波瑠は観てと言われたから観るのは失礼だと考え、自分が観たくなったタイミングで観ようと思ったことを明かした。

その2年後に引越しの準備をしていてDVDの存在を思い出したという波瑠だったが、そのままさらに時間が経過し、結局6年もの間DVDを借りっぱなしであることを告白。波瑠は「東京から大阪に引越したときもちゃんと持って行ったんです」と弁解するも「観なかったんですけど」と明かし、苦笑していた。

放送ではこの事実を告げられた風間がVTR出演する場面も。風間は「そうなんだ」と悲しそうな表情を浮かべていたが、「実は貸したこと自体覚えてない」と自身も忘れていたことを明かした。

風間は波瑠のことを「数少ない芸能界の友人」と表現し「波瑠ちゃんが僕のことを気まずいと思っていることのほうが問題」とコメント。続けて「返してくれてもいいし返さなくてもいいので、どこかでご飯行けたらなと思います」とメッセージを送った。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング