8月24日発売の雑誌「Sound & Recording Magazine 10月号」の表紙は、堂本剛くんソロプロジェクト・ENDRECHERIです。表紙&巻頭インタビュー掲載。

表紙画像が公開されました。

B07VW3HKLB

予約受付中です。

Amazon:Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2019年 10月号
セブンネット:Sound&Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2019年10月号
楽天ブックス:Sound &Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2019年 10月号 [雑誌]

<内容紹介>

■巻頭インタビュー

ENDRECHERI
堂本 剛の唯我独尊ナラリアン・ファンク

昨年、ENDRECHERI(エンドリケリー)としてアルバム『HYBRID FUNK』をリリースした堂本 剛。シングル『one more purple funk... - 硬命 katana-』を経て、早くもニュー・アルバム『NARALIEN』発表と相成った。自ら楽曲制作/サウンド・プロデュース/ボーカル(曲によってはギターやベース)を担当し、彼のアイデンティティである“奈良人が鳴らすファンク”をテーマに、トラックはさらに無秩序化。志を共にするミュージシャンたちと鳴らした最高のグルーブへ、奇抜なフレーズや加工を重ねたボイスが自由に乗せられていき、異形のファンクを聴かせてくれる。最大公約数的エンターテインメントの真逆を行く、“自分が作りたい音楽を作る”と明言したアーティスト魂にあふれる作品だ。とはいえ間口の狭いサウンドになっているわけではなく、本誌読者であればむしろその格好良さを感じられるはず。堂本 剛と録音&ミックスを手掛けたエンジニア福田聡氏にロング・インタビューを敢行した。

【注目記事】
ENDRECHERIニューアルバム「NARALIEN」オリコン初日1位発進
8/16放送「ザ少年倶楽部プレミアム」ゲスト&番組内容発表
JUMP山田涼介、会うと一番緊張する先輩を明かす「威圧感というか…」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング