KAT-TUN

8月9日にスタートしたKAT-TUNの全国ツアー『KAT-TUN LIVE 2019 IGNITE』が、後半戦に入った。充電期間が明けて3人体制で再スタートしてからCASTに続く2回めの全国ツアーだ。

今回のライブのテーマである『IGNITE』は、「発火させる」「燃え上がらせる」という意味。テーマに特化した構成ではないが、約500発の炎の特攻、ファンのハートに火を点け燃え上がらせる仕掛けや演出が盛りだくさんの内容で、3人の新体制の方向性が伝わるライブになった。ライブ『IGNITE』の7つの発火ポイントをハイフン(KAT-TUNファン)目線から紹介する。

■その1 アルバム&カップリング祭りの選曲がすごい


まずファンの評価が高いのが選曲だ。全28曲中14曲が7月31日発売の10thアルバム『IGNITE』の収録曲。まさにニューアルバムを引っさげたツアー。また、シングル曲よりシングルのカップリングが多く、これまでハイフンから「ライブで聞きたい、見たい曲」と熱望されていた『FEATHERS』、『雨に咲く哀、夜に泣く藍』、『JET』を初披露。まるでファンのリクエストが届いたかのような選曲に、イントロが流れた時点で歓声が上がった。

シングル曲はおなじみの『Keep the faith』、上田竜也が主にラップを担当し再録した『Real Face#2』、これまでライブでのお披露目が少なかった『Dead or Alive』の3曲。そして、Jr.時代から歌っている懐かしい曲も。特にアルバム『IGNITE』を聴き込んだ人、長年のファンにはたまらないようで、SNSでも「選曲が神ってる」「生で聞くことはないと思った曲が聞けて感涙」「シングルをつなぐ選曲よりいい」「過去最高の選曲」と絶賛する声が目についた。

■その2 激しく燃え上がる火、炎がすごい


KAT-TUNのライブといえば、炎、火、特効が目玉だが、『IGNITE』はオープニングから火で攻めてくる。炎、火の玉が上から降り、下から噴水のように吹き出…

記事全文を読む:ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング