脚本家の三谷幸喜が9月12日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。嵐5人を役者としてキャスティングするなら?という質問の答えを明かした。

同番組には、11年振りの出演となる三谷。この日の放送では三谷に『嵐を役者としてキャスティングするならどんな役がいいか?』という質問が投げられた。三谷は「童話の主人公でしぼって考えてきました」と回答。櫻井翔は『うさぎとかめ』のうさぎ役を割り振り「うさぎっぽいし、起きたら亀が先越してて、『あ、やべ』っていうのが似合いそう。見たい」と説明した。それを聞いた櫻井は「亀がいい」と要望し「ちょっと残念な…」と苦笑していた。

大野智のことはビジュアルが似ていると話し『北風と太陽』の太陽役にキャスティング。二宮和也には『不思議の国のアリス』の中に登場する、ティーポットの中で眠る眠りネズミ役を割り当てた。三谷は二宮のことを「ずっと眠そうなイメージ」と話し、昔から眠りネズミを連想していたことを明かした。

相葉雅紀のことは「今こう見てもピノキオにしか見えない」と話し、『ピノキオ』のピノキオ役と回答。相葉は「本当ですか?光栄です」と満足げな表情を見せた。松本潤の配役は「一番悩んだ」と語り、最終的に『ガリバー旅行記』のガリバー役にキャスティング。その理由を三谷は「起きたら縛られてる。そんなあなたが見てみたい」とコメント。松本は「うれしいなあ。イメージがあるわけですもんね、それぞれね」と三谷のキャスティングに喜びの表情を浮かべていた。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング