ジャニーズWESTの桐山照史くんが来年2月8日から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』で主演を務めることが発表されました。

シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」を大胆にアレンジした作品で、戦後の関西の港町を舞台に、全編関西弁、キャストは全員男性という純愛群像劇。

桐山照史くんがロミオ役、俳優の柄本時生さんがジュリエット役を演じます。桐山くんは「『泣くロミオと怒るジュリエット』は、僕にとって初めて尽くしの舞台です。何せ映画ではあのレオナルド・ディカプリオも演じた役。愛に殉じて命を捨てるなんて、エグカッコエエ! ただし、今回はジュリエット役が柄本時生さんなので、恋の顛末がどうなるものか僕自身もまだ想像できず、ワクワクだけが募っています」と意気込み。

東京・Bunkamuraシアターコクーンで2020年2月8日〜3月4日、大阪・森ノ宮ピロティホールにて3月8〜15日まで上演。

各スポーツ紙に取り上げられています。





【注目記事】
10/18「ミュージックステーション3時間SP」放送決定!ロゴ&セットもリニューアル
9/28放送「オールスター感謝祭」出演者情報
10/6「関口宏の東京フレンドパーク2019」放送決定

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング