NEWSの小山慶一郎が10月8日放送のラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)で、後輩の公演を観に行くことで故・ジャニー喜多川さんのエンターテイメントが感じられ、感動すると語った。

後輩の舞台やコンサートなど、さまざまな現場に足を運んでいる小山は、その理由を「ジャニーさんが生前どういうエンターテイメントを届けたかったか、っていうのをすごく表現してる」と告白。先輩という立場で観るというよりは、尊敬や尊重する気持ちで観ていると胸の内を明かした。舞台『DREAM BOYS』や『少年たち』も観に行ったという小山は「本当に泣きました」と涙を流したことを告白。両舞台とも、一度幕が降りてから『作・演出・構成 ジャニー喜多川』とジャニーさんの名前が出るそうで、「ジャニーさんの想いを座長が背負って、ファンの皆さんに今のジャニーさんの想いとかエンターテイメントを必死に届けている、って姿にすごく感動して」と涙の理由を語った。

小山は、いろいろな公演を観ることで改めてジャニーさんのエンターテイメントの形が目に見えると持論を展開。続けて「また僕のフィルターを通して、NEWSとしてコンサートとかでも表現出来ればな」と自身の考えを明かした。

オリジナルサイトで読む| ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング