Kis-My-Ft2の北山宏光が11月16日放送の『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)でNHK紅白歌合戦の出場歌手発表会見の裏話を明かした。

『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)で紅白初出場が決まったKis-My-Ft2。その会見では、最初の挨拶を北山が担当し、記者からの質問にはマイクを回して全員で話すようにしよう、と決めていたという。しかし記者から質問が寄せられた際に、北山が玉森裕太にマイクを回そうとすると、ハプニングがあったそうで、北山は「回そうと思ってマイク差し出したら、俺のことめっちゃシカトして首振ってるの。あまりの緊張でバックれたの会見!」と暴露した。続けて、玉森にマイクが渡らなかったことで玉森の隣に座っていた藤ヶ谷太輔にもマイクが渡らなかったと告白。後ろに座っていた横尾渉、二階堂高嗣、宮田俊哉、千賀健永とも距離があったと話した。

そのときのことを横尾は「俺は決めてた。なんもしゃべんないって」と回顧。北山に「なんでだよ!」とツッコまれると「こういうときは、俺みたいな滑舌悪い人はよくない」と理由を明かした。宮田は「玉がバックレてたのは見えてたのよ、後ろから」とコメント。北山は「最悪じゃない!?あいつ、全然こっち見なくてさ、すん、ってずっとしててさ」と当時の様子を説明した。

会見が終わったあとに北山のもとには玉森が寄ってきたそうで「『みつ、緊張した?』って。『みつが珍しく手とか震えてたからさあ』とか言って」と玉森に言われたことを暴露。最後には「ふざけんじゃねえよ(笑)」「お前参加しろよ!(笑)」とツッコみ、笑っていた。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング