音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」で2019年で最も人気だった楽曲・アーティストをランキング化する「LINE MUSIC 年間ランキング2019」が発表された(※集計期間: 2019年1月1日〜11月13日)。



■総合ランキング1位はOfficial髭男dism「Pretender」
2019年、「LINE MUSIC」で最も再生された楽曲を発表する「総合ランキング」1位に輝いたのは、4ピースバンドOfficial髭男dism「Pretender」だった。



「Pretender」は、5月公開の映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌で、映画公開後からLINE MUSICでのランキングが急上昇。2019年5月の月間ランキングで1位を獲得してから、7月・8月・10月の月間ランキングで合計4回の1位を獲得した。10月9日には、メジャー1stアルバム『Traveler』をリリースし、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで音楽シーンを駆け抜けた「ヒゲダン」。

さらに、「Pretender」は、ワカモノランキング、BGMランキング・LINE着うたRランキングでも1位に輝き、多くのユーザーに愛された今年を代表するヒットソングとなった。

■アーティストランキング:
今年最も再生されたアーティストは「あいみょん」




LINE MUSICで最も聴かれたアーティスト1位は「あいみょん」。総合ランキングトップ10のうち3曲(「マリーゴールド」(2位)、「ハルノヒ」(7位)、「今夜このまま」(10位))がランクインしていることからも人気が窺える。

2位は「official髭男dism」、3位には「back number」が輝いた。

昨年はK-POPアーティストが上位を占めましたが、今年は邦楽アーティストがトップ3に輝いた。

■ミュージックビデオランキング:
最も再生されたミュージックビデオは、嵐「Turning Up」




今年の8月より、LINE MUSICではミュージックビデオおよび独占映像コンテンツの配信を開始。最も再生されたミュージックビデオには、嵐「Turning Up」が輝いた。

続いて、BLACKPINK「Kill This Love」、星野 源「恋」という結果となった。

LINE MUSICでは、「LINE MUSIC 年間ランキング2019」で発表した総合ランキングのトップ100やミュージックビデオのトップ50、音楽ジャンル別の人気曲をプレイリストにして配信中。

「LINE MUSIC 年間ランキング2019」
-総合TOP100−2019年間 : https://lin.ee/xfhac9M
-BGMランキングTOP100−2019年間:https://lin.ee/fHZV6kK
-LINE着うたR︎ランキングTOP50−2019年間:https://lin.ee/40cfDD6
-MV TOP50−2019年間: https://lin.ee/dtYROkB
-邦楽TOP100−2019年間:https://lin.ee/61beFx5
-洋楽TOP100−2019年間:https://lin.ee/8TMjgv1
- K-POP TOP100−2019年間:https://lin.ee/n8e1MxQ
(EDM/DANCE、洋楽POP、洋楽HIPHOP、邦ロックも配信中)

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング