2020年東京五輪の聖火リレーで、東京都内の市区町村ランナーの一人としてKAT-TUNの亀梨和也くんが推薦されたことが明らかになりました。

東京都での聖火リレーは、2020年7月10日から開会式当日の24日まで15日間に渡って実施。都内の各自治体には4〜8人の枠が与えられており、著名人や一般からの公募でランナーを選定。芸能人関連では、東村山市で志村けんさん、中野区で中川翔子さん、江戸川区で亀梨くんらが推薦されました。

そのほか、スポーツ関連では墨田区で大相撲の横綱白鵬、目黒区でプロ野球巨人の原辰徳監督、府中市でラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将が推薦されました。

ランナーは関係機関が最終調整した上で正式に決まり、近く発表されるとのことです。

東京の聖火リレーに白鵬、巨人・原監督、リーチら 近く正式発表 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

【注目記事】
「CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2019」第1弾出演者発表
『FNS歌謡祭』関ジャニ横山、放送終了間際の行動に反響 「泣きそう…」
「Mステ ウルトラ SUPER LIVE 2019」第2弾出演者発表!ジャニーズから15組

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング