KinKi Kidsの堂本剛と堂本光一が12月9日放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。TOKIOとV6への気持ちを語った。

10月23日に放送されたフジテレビ系のバラエティ番組『TOKIOカケル』で、国分太一が「2人が揃っているとうれしい」、長瀬智也が「志村けんさんと加藤茶さんが話しているくらいレア」とKinKi Kidsについてコメントしていた。そのことをリスナーから伝えられると、光一はその放送で国分がKinKi Kidsのことを「京本政樹とフレディ・マーキュリーが話しているみたいだ」とも言っていたと告白。剛は笑いながら「俺、フレディやねんて(笑)どういうレアやねん(笑)」とツッコミを入れた。

剛は、昔はTOKIOとV6と何かと絡むことが多かったと回顧。光一も「同じ時代を生きてきたみたいな感じするよね」と振り返った。光一はさらに「ほっとするかな。この世代と一緒にいると」としみじみ。剛も共感し「なんかやりたいけどね。おもしろいこと。機会があったらいいけどね」と期待している様子を見せた。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング