A.B.C-Zの塚田僚一が1月3日放送の『嵐ツボ』に出演。大野智とサシ飲みをする企画が行われ、故・ジャニー喜多川さんとのエピソードを明かした。

この日の放送では、大野と塚田のサシ飲み企画を実行。一緒に食事にも行ったことがなく、連絡先も知らない2人だという。塚田は「お酒で失敗したこともある」と切り出し、「1番大きい遅刻は、滝沢(秀明)くん主演舞台の『滝沢革命』」と回顧した。

前日も飲んでいたという塚田は、その日起きると、なんと朝の1時。『滝沢革命』の本番も1時からだったそうで、最初塚田は夜の1時だと思ったが、外の明るさを見て自分が寝坊したことに気づいたと振り返った。携帯の充電も切れており、電源を入れると、ジャニーさんから30件もの着信が入っていたという。塚田は「とりあえずジャニーさんにかけなきゃ、って。もう本当に『YOUクビだよ』とか言われる覚悟でいたんです。『もう終わった』って」と当時の気持ちを思い起こした。しかし、ジャニーさんからは普通のテンションで「YOU何してんの?」と言われ「今、本番やってるから来ちゃいなよ」と呼ばれたそうで、塚田はすぐに会場に向かい、出られるところから本番に出たと話した。

大遅刻をしたにも関わらず、結局ジャニーさんには怒られなかったという塚田。ちゃんと謝罪に行ったときも「無事でよかったよ」と声をかけてもらったとジャニーさんとのエピソードを明かした。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング