Kis-My-Ft2の宮田俊哉と二階堂高嗣が1月15日放送のラジオ『キスマイRadio』(文化放送)に出演。成人式の思い出を振り返った。

1月の放送ということで、この日の放送では成人式の話題が繰り広げられた。もう30歳に近い2人は、自分が思い描いていたアラサーでは全然ないと告白。二階堂は「自分が思い描いてたアラサーは、もっと落ち着いていて、もっと物事をよく考えていて、もっとしゃべり口調丁寧で、きれいな言葉で、賢いこと言って、語彙力満載で、キラキラしてて…」と自分の理想を列挙するも「1個も理想になってない(笑)」と笑い、自虐した。

二階堂は、背伸びをしたいという理由でスーツで成人式に出席したというが、宮田はちょうど舞台をやっていたタイミングだったため、成人式には出席できなかったと回顧。終わってから地元で行われていた集まりに少し参加したという宮田は「みんな20歳になってさ。進路の話で。『宮田ってまだバックダンサーやってんの?』って言われて」とその場で言われた衝撃的な一言を振り返った。

言った人に悪気はないといいつつ宮田は「『まだバックダンサー?』って。いや、いいんだけど!みたいな…」と複雑な心境だったことを告白。「俺、絶対デビューしてやる!って思った、そのとき」とその言葉をきっかけに、改めてデビューへの決意を固めたことを明かした。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング