KAT-TUN・亀梨和也がMCを務めるラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANGOUT(NACK5)』1月18日放送回で、2019年12月30日に「第61回輝く!日本レコード大賞(TBS系)」に出演し、「神様お願い!」を歌った際のエピソードを語った。

初のステージで偉大なスターの追悼歌唱の大役に抜擢


「第61回輝く!日本レコード大賞』にジャニーズのタレントが「日本レコード大賞」に出演したのは9年ぶり。2010年に最優秀歌唱賞を受賞した近藤真彦も、ジャニー喜多川氏の「特別音楽文化賞」を受け取るために事務所を代表して登壇したが、もちろん亀梨は初めての登場。『平成に惜しまれつつも亡くなった方々の名曲歌唱』の特別企画で、昨年3月に亡くなった萩原健一がボーカルを務めたザ・テンプターズの楽曲「神様お願い!」をカバーする大役を担った。

2017年にはソロコンサートを行い、2019年にはソロ歌手としてシングルデビューした亀梨だが、もともと緊張するタイプ。2017年の24時間テレビで沢田研二の「勝手にしやがれ」を生歌唱した際も手が震えていた。今回、格式ある新国立劇場で豪華な生バンドの演奏をバックに、生放送で持ち歌ではない歌を歌うのは緊張しないわけはない。

しかも、ショーケンの愛称で知られる偉大なスター、萩原健一のカバーというプレッシャーもあり、マイクに添えた手は震えていたが、堂々と力を込めたからパフォーマンスを披露し、歌い終えて、背後に掲げられたショーケンの写真に向かって頭を下げた。

見る人に喜んでもらえるよう衣装も工夫


SNSでは「歌い終わった後にショーケンの写真に一礼するのが亀梨くんらしい」「ショーケンの世界観を壊さず、亀梨テイストで仕上げていて素敵だった」「昔ファンだった母が泣いていた」「どこまで似せてくるかと思ったけど、雰囲気も歌の表現も素晴らしかった」と、亀梨ファンのみならず、ショーケンファンも評価した。

歌唱後のインタビューでは「レコード大賞のステージも初めてですし、ショーケンさんの曲をこういったタイミングで…

続きを読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング