木村拓哉のTOKYO FMレギュラー番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』の2020年2月2日・9日・16日(日)のゲストに、写真家・映画監督の蜷川実花が登場することが明らかになった。2人の出会いから、木村拓哉を撮影するときの印象、蜷川の創作にまつわる哲学、さらに父の故・蜷川幸雄氏とのエピソードなどに、木村拓哉が迫ります。



◆ファインダー越しの木村拓哉とは?写真家・蜷川のプライベートにも迫る!
昨年末に発売された雑誌「AERA 2019年12月30日−2020年1月6日合併号」の木村拓哉の写真でも大きな話題を呼んだ写真家・蜷川実花だが、木村とは同い年ということもあり、とてもフランクな雰囲気で対談は進んだ。蜷川の父で演出家の故・蜷川幸雄氏の演出舞台「盲導犬」で初の舞台出演をした木村について、蜷川は父からよく話を聞いていたと言う。その後2人が初めて出会い、撮影現場で写真家と被写体として対峙するまでの、あるエピソードについても対談で明らかになった。蜷川が語る、「ファインダー越しに見る木村拓哉」、そして木村が語る「蜷川の撮影に感じること」、双方の視点から語られる撮影現場の話は必聴です。

さらに対談では、もともと大学でグラフィックデザインを学んでいた蜷川が写真家、そして映画監督になるまでの思いに、木村が迫ります。現在は、個展「蜷川実花展 ー虚構と現実の間にー」が全国の美術館を巡回するなど、撮影の傍ら各地を飛び回っている蜷川の精力的な活動の裏側とは?

また番組ではリスナーから届いた悩み相談にも、木村と蜷川が応えていく。番組恒例のゲスト選曲「人生の1曲」に蜷川が選んだ楽曲とは?こちらもお楽しみに。

オリジナルサイトで読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング