KinKi Kidsの堂本剛と堂本光一が2月24日放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。歌番組でカメラ目線をしない理由を明かした。

この日の放送では、リスナーからのメールをきっかけに“カメラ目線”の話題に。歌っているときにあまりカメラ目線をしないという2人だが、剛は「確かに、他の人たち見てるもんな、カメラな」と思い起こした。光一は「なんやろな〜。俺は逆に、うちの子とかでも、カメラ見てかっこつけた瞬間の表情とか、歌ってるときにやられると『はっ!』ってなるんですよ」と後輩でさえも見ていると恥ずかしい様子。剛は「昔は自分がサービスでやったほうがいいのかなっていう若かりしときはあったけども…」と振り返り「先輩たちがそうだったからね」と語った。

先輩たちがカメラ目線をしているのを見て、かっこいいと思い、自分もこれやりたいな、と思う時期はあったというが、いつからかカメラを見なくなったとコメント。「自分で意識してないけどね、見てないな、とか、見てるな、とかはないけど」と意識的ではないことを明かした。

光一は「カメラ見てかっこつけるのはもう無理ですよ!」と宣言。剛も「無理ですね。一生ない」と続け、2人は「恥ずかしい」「しんどい」と口にしていた。

オリジナルサイトで読む| ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング