動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて、1979年から2011年までの32年間に渡ってTBSで放送されたテレビドラマシリーズ『3年B組金八先生』の配信が決定した。全8シリーズに12のスペシャル回を合わせた全185話が配信されるのは、今回が初となる。



待望のドラマシリーズは、5月から毎月月初めの金曜よる8時に1シリーズずつ順次、蔵出の予定で、全てのシリーズの配信が完了するのは、来年2021年の2月というロングラン配信となる。

記念すべき第一弾は、第1シリーズの1話から12話までを、1週早い4月24日(金)よる8時から先行配信!残る13話から最終話までは、翌週5月1日(金)よる8時から配信する。放送当初は毎週金曜8時に放送していた『3年B組金八先生』にあやかり、“月初めの金曜よる8時は、金八の日!”としてシリーズ配信をする。毎月月初めの金曜よる8時を楽しみにお待ち頂きたい。

『3年B組金八先生』は、1979年に放送をスタート。第1シリーズは、世田谷の中学校から桜中学に転勤になった武田鉄矢演じる国語教師・坂本金八が、生徒の非行や不登校、いじめや親子の絶縁など学校が抱える様々な問題を真正面から受け止め、生徒と一緒に涙を流しながら奮闘する姿を描いている。

金八シリーズは、放送された当時の時代背景とともに、そのころの日本の学校や家庭が抱える様々な問題に焦点を当てていることだけでなく、3年B組の生徒役を演じた役者が現在も著名人として各界で活躍しているのも見どころのひとつとなっている。

時代時代の困難を乗り越えてきた桜中学、私たちがピンチの時、いつも金八先生が側にいてくれた! 以下、各シリーズ&スペシャルの概要を放送された順に簡単に紹介。

【第1シリーズ】1979年10月26日〜1980年3月28日放送 (全23回)
生徒の非行、親子の断絶、内申書など教育問題を題材にして…

記事全文を読む | ググットニュース
→ 動画配信サービス「Paravi(パラビ)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング