嵐が4月9日放送のバラエティ番組『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。カラオケでのエピソードを明かした。

放送日がフォークソングの日ということで、この日のオープニングではカラオケについてトーク。打ち上げくらいでしかカラオケに行かないという二宮和也は、嵐の曲を歌うと話し「『嵐の曲、嵐に歌ってもらいたい』ということで、嵐歌うことが多くなるよね」と周りのリクエストに応えていることを明かした。一方、相葉雅紀は、曲中のコール&レスポンスが盛り上がるという理由で『キン肉マン』、櫻井翔はあらゆる世代にいけるということで「中2のときからスピッツの『チェリー』1本槍」と告白。櫻井は「『チェリー』最強説唱えてるから、かれこれ25年くらい歌い続けてる」と話し、笑いを誘った。

また、メンバーでカラオケに行ったこともあるという嵐。そのとき参加できなかった櫻井は、お土産で4人の歌を録音したCDをもらったことがあると振り返った。CDでは大野智が松山千春の曲を歌っていたそうで、櫻井は「俺なんで大野さんの『大空と大地の中で』(笑)」とツッコみ、笑っていた。松本潤は当時、カラオケ店にあったCD録音サービスを使い「櫻井くんのために歌うか、って言ってミニアルバム(笑)」とCDを作成したと回顧。櫻井は「どこいったんだろう」と懐かしんでいた。

記事提供元:嵐・櫻井翔、メンバー4人のカラオケCDをプレゼントされた過去告白 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング