V6の三宅健がパーソナリティを務める、毎週月曜深夜24時からの『三宅健のラヂオ(bay に続いて、ジャニーズの『Smile Up Project』についてコメントした。

■『Smile Up!Project』で三宅が感心した中丸企画


新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会貢献活動『Smile Up!Project』は、ジャニーズ事務所のタレント自身がそれぞれの個性や特技を生かし、多彩なテーマで企画、制作したコンテンツ。その中でも、三宅が面白かったと感じたのが中丸雄一の4コマ漫画と、Youtuber風の動画「中丸、フルーツを切る〜フルーツカッティング講座」だったという。

中丸は、もともとイラストや絵を描くこと、アート系が得意でマメな性格。ステイホームをテーマにした4コマ漫画は、報知新聞に毎日掲載されたこともモチベーションになり45日間毎日書き続け、中丸自身、漫画家に転職した気分になったほどだという。

三宅は「更新頻度が多く大変だったと思う。可愛いし、コロナの話など勉強になり、よくできていて面白かった。中丸くんの隠れた才能を見つけてしまった感じ」と褒めた。

「中丸、フルーツを切る〜フルーツカッティング講座」の動画では、中丸一人で出演・演出・構成・ナレーション・動画制作の5役をこなした。フルーツカッティングも、動画制作も数年前に「シューイチ(日テレ系)」の企画で体験し、努力で習得したものだ。

三宅は「編集にも凝っていて、中丸くんのオタクの才能が発揮されている。いろんな人が動画をあげていて、みんなそれぞれ個性豊かで面白いけど、中丸くんは特に面白いと感じました」と感想を述べた。

■手話歌での参加を考えたが枠と締め切りで断念


4月6日から5月31日までの『Smile Up!Project』に三宅は参加していないが、タレントが自発的に手を挙げるシステムで…

記事全文を読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング