ジャニーズ事務所

KinKi Kidsの堂本光一が8月17日に放送されたラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを発表したTOKIOの長瀬智也について語った。

以前から長瀬のことを『親友』と話している堂本。リスナーから長瀬の退所について話題を振られると、「長瀬とは、年齢学年ともに僕は一緒で。事務所に入ったときも、だいたい同期という感じで。ある意味長瀬がいなかったら自分ここにいないですね、本当にね」と胸の内を明かした。

もともと、芸能界での仕事をやりたいと思って始めたわけではないという堂本は「最初、やだやだやだやだやだって逃げ回ってた部分があるんですよ」と回顧。続けて「合宿所に行って、長瀬と会って、長瀬が本当に人見知りみたいなことは一切なく『ゲームやろうぜ!』って来て」と、ほとんど初対面のときに、長瀬と一緒にゲームをした思い出を語った。

堂本は、それが長瀬との一番最初の記憶だと振り返り「東京と関西を行き来するうちに、レッスンとか受けてて、そのときに長瀬とかイノッチ(井ノ原快彦)とか、そのへんと一緒にいたほうが楽しくなったんですね。学校行くより」と当時の心境を告白。さらに「そっちのほうが楽しいと思い始めて、真剣にこの世界でやっていくことが、仕事って楽しいなと少しずつ思い始めた部分もあるので、そういったきっかけみたいなものをくれたのは長瀬と言っても過言じゃないくらいなので」と長瀬との特別な関係を明かした。

また、長瀬の退所については、寂しい部分はあると言いつつも「親友の新しい道というか、そういったものをこれからも応援できればと思ってますし、長瀬は長瀬で違いはない」と前向きにコメントした。

記事提供元:堂本光一、“親友”長瀬智也への思い語る「長瀬がいなかったらここにいない」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング