俳優の小栗旬が10月31日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演。海外生活をしていたときのエピソードを明かした。

この日の放送では、噂の真相を本人に確かめる場面があった。『海外生活が寂しすぎて、藤原竜也に1日15回電話した』という噂について小栗は「これはちょっと否定したいところがありまして」とコメント。どちらかというと、藤原から先にテレビ電話がかかってきたといい「あるときから、彼の中では僕が先にやったことに…」と暴露した。

松本とも何度かテレビ電話をしたという小栗。松本は「昼の3時くらいに、いきなりビデオ通話の画面が出るわけですよ。ガンガン仕事してるから出れない」と当時を振り返った。小栗は、その時間はアメリカだとだいたい夜の11時くらいだと話し「1人でお酒飲んでいい気分になっちゃってるんですよ」と吐露。やっぱり寂しかったのかと尋ねられると、小栗は「寂しかったですね」と明かした。

ほかにも、生田斗真に電話をかけたという小栗は「斗真はいつもすごく優しく出てくれました」と回顧。小栗が「潤はときどきやっぱりめんどくさそうだな、と…」とぶっちゃけると、松本は「語弊がある」と反論。続けて「こんな言い方すると斗真に失礼だけどあいつ暇だったんだろう」と主張し、スタジオの笑いを誘った。

記事提供元:小栗旬、海外生活中に松本潤&生田斗真に電話「寂しかった」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング