関ジャニ∞の大倉忠義が1月14日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に出演。風間俊介との微妙な関係を明かした。

この日の放送では、キャプテンの相葉雅紀の体調不良により、二宮和也が急遽代打出演。風間も電話出演をしていた。同じ1997年にジャニーズ事務所に入所した風間と大倉は、どちらが先輩か微妙なところだそうで、風間は「関東と関西ということもあって、どっちが先輩か未だにはっきりしてないんですよ」と告白。大倉くん、と呼びべきか、大倉、と呼び捨てにするべきかもわからないと語った。

一方、大倉は、風ぽんと呼ぶときもあれば、風間くん、と呼ぶときもあるというが、風間は「未だに壁は感じてます」と心境を吐露。大倉は「でもめっちゃ昔から知ってますからね風間くんは」とコメント。風間が今ここで呼び方を決めよう、と提案すると、大倉は「じゃあ風間くんでいきたいですね」と回答した。それを聞いていた二宮は笑いながら「風ぽんって言ってくれよ、そこは!」とツッコんでいた。

記事提供元:大倉忠義&風間俊介、微妙な関係を告白「壁を感じてる」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング