1月23日(土)にスタートしたドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」が好評だ。主演は亀梨和也。土曜夜22時放送の日本テレビ系連続ドラマは、2005年以来「たったひとつの恋」「妖怪人間ベム」「怪盗探偵山猫」「ボク、運命の人です。」など8作品で主演を務め、4年ぶりにこの枠に舞い戻った。

恋愛、シリアス、コメディ、SFなど数々のドラマ・映画・舞台え様々な役を好演し、2020年は主演映画「事故物件恐い間取り」が今世紀No.1ヒットホラーになるなど俳優としての実力を高く評価する人が多いが、今回は本格クライムサスペンスに初挑戦している。

凶悪な殺人鬼に婚約者の命を奪われた元刑事役


元捜査一課の敏腕刑事の伏見響介(亀梨和也)は、婚約者を殺害された過去のトラウマから容疑者を激しく暴行し警察を懲戒免職になった。その後、伏見は探偵事務所で浮気調査をしながら、婚約者を殺した「青いコートの男」を追い続ける。そんなとき、神奈川県警にKSBC(神奈川県警捜査分析センター)センター長の島原由梨(松下奈緒)が伏見を探し出し特別捜査官として呼び寄せた。

伏見は、事件以来支えられてきた仲間の、プロファイリングが得意な元大学教授の山崎(木村祐一)、シングルマザーで元自衛官の湊川(シシド・カフカ)、どんなシステムでも使いこなす天才ハッカーの小牧(松村北斗)という、犯罪歴を持つ有能な3人も一緒にという条件で島原のオファーを受けるが、さっそく連続殺人鬼の「青いコートの男」が現れる。

「レッドアイズ」高視聴率、Twitterトレンド1位を獲得


「レッドアイズ 監視捜査班」は、1月期の冬ドラマので最後のスタートとなったが…

記事全文を読む | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング