Snow Manの向井康二が2月22日放送の『アイアム冒険少年』(TBS系)に出演。出場辞退となった2020年の『NHK紅白歌合戦』について心境を明かした。

この日の放送では、あばれる君と向井がペアを組み、雪山から脱出するという企画に挑んだ。その中で向井が、Snow Manが出演を辞退した『紅白歌合戦』について話す場面があった。

あばれる君が「紅白に向けて気持ち高めてた?」と質問すると向井は「そうですね」と頷き「天童よしみさんとコラボで太鼓も叩く予定で練習も何回かしてたので気合いは結構入ってましたね」と告白。出演辞退が決定したときの気持ちを「やっぱりショックな部分もありますし、出たかったなと思う部分もありました」と振り返った。しかし向井はポジティブにも考えているようで「2021年がんばれる活力にはなるかな、と思って。また初出場という形で(出たい)」と心境を語った。

あばれる君から「確証がないからまた1からがんばらないといけないわけだもんね」と声をかけられると向井は「そうなんです。壁は高ければ高いほど燃えますから。がんばりたいと思う」とやる気をみなぎらせていた。

記事提供元:Snow Man向井康二、紅白辞退の心境明かす「壁は高ければ高いほど燃える」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング