直木賞作家・佐藤正午氏の小説「鳩の撃退法」が俳優の藤原竜也さん主演で映画化されることが決定し、風間俊介くんが出演することが明らかになりました。

原作は『月の満ち欠け』で第157回直木賞を受賞した作家・佐藤正午の数ある傑作のなかでも最高到達点との呼び声高いエンターテインメント小説。累計発行部数は16万部を突破し、第6回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得るとともに、実写化不可能と言われ続けてきた本作が実写映画として“観客参加型謎解きエンター<転>メント”に生まれ変わります。

かつては直木賞も受賞した天才小説家の津田伸一(藤原竜也)。津田はとあるバーで担当編集者の鳥飼なほみに、書き途中の新作小説を読ませていた。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。「大量の偽札」「囲いを出たハト」「一家失踪事件」「裏社会のドン」… 鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか【検証】を始めるが、そこには【驚愕の真実】が待ち受けていた…というストーリー。

風間俊介くんは、ある日突然家族とともに姿を消したバーのマスター・幸地秀吉(こうち・ひでよし)役を演じます。

出演はほかに、土屋太鳳さん、西野七瀬さん、豊川悦司さんら豪華顔ぶれ。

特報映像が公開されました。



原作

・鳩の撃退法 (上) (小学館文庫)

鳩の撃退法 (下) (小学館文庫)

【注目記事】
3/1放送「CDTVライブ!ライブ!2時間SP」出演アーティスト発表
3/5放送「ミュージックステーション」出演アーティスト発表
3/19放送「ザ少年倶楽部プレミアム」ゲスト発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング