関ジャニ∞の丸山隆平が6月8日放送のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演。丸山演じる寺井陽人のストレートな告白に反響が集まっている。

同作は、凝り固まった価値観で鎧をまとった『着飾る女』真柴くるみ(川口春奈)と、シンプルを追求する『ミニマリスト』藤野駿(横浜流星)を中心に、価値観の違う人々がひとつ屋根の下で暮らしながら鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描くうちキュンストーリー。

丸山と中村アンがそれぞれ陽人、羽瀬彩夏を演じる。

ひとつ屋根の下で暮らす中で、お互いの存在が気になっていた陽人と羽瀬だったが、その関係はどっちつかず。第7話ではとうとう羽瀬が陽人に「私が好きなのははるちゃんだから」と気持ちを伝えていた。

迎えた第8話で陽人は、酔ってリビングで寝てしまった羽瀬をおんぶして部屋まで送る。ベッドに羽瀬を降ろすと、陽人と羽瀬は2人同時に「この前のこと…」と話し始めるが、陽人は羽瀬の言葉を制止して「羽瀬ちゃん。ここは俺から言わせて。羽瀬彩夏さん、俺とつきあってください」と目を見つめて告白。羽瀬はほほ笑み「よろしくお願いします」と頭を下げるのだった。

誠意が感じられた陽人のまっすぐな告白にSNSでは「きちんと言葉にしてくれる人っていいよな〜」「最高」「良いモノ見れた」「はせはる最高」「はせはるおめでとう」などの声が寄せられ、反響を集めている。

記事提供元:『着飾る恋』丸山隆平演じる陽人のストレートな告白に反響「最高」 | ググットニュース

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング